楽園を追放されて、本当に良かった

You Tube

「楽園を追放された女」は実体験が元になったストーリーですが、
実は、これだけでは終わらない波乱万丈の旅でした。

ビーチでの騒動のあと、
山へも連れていってもらったのですが、
もう少しで遭難しそうになったのです。

ほとんど24時間山中を歩き続け、
足の爪が2〜3枚剥がれました。

なんでこうなるの〜? という、
ハチャメチャな経験ばかり。

地上の楽園と呼ばれるハワイにおいてさえ、
勝手にドラマをつくりだし、
苦行をしている自分に笑うしかありません。

当時は、それが自分の思考だとは、
思ってもいませんでした。

まあ、そんなこんなで、
さすがの私も、スピリチュアルを卒業できました。
結局、無責任な空想の世界で遊んでいたのです。

今なら、ドラマチックな出来事の数々も、
自分の信じ込みがつくり出したとわかります。

「特別な私」を探しにハワイへ行ったのに、
出会ったのは「ハチャメチャな私」。

そして、「No」という勇気、
自分の感覚に従うことの大切さを痛感しました。

ハワイでの経験は、
原液のカルピスをそのまま飲むように、
すべてが過剰だったのです。



楽園を追放されて本当に良かったと、
今ならわかるのです。