賢者タウの心理学教室 問題を解決したいなら◯◯しろ!

K=賢者タウ(フラクタル心理学研究家)

 

S=サトル(フラクタル心理学を勉強中)

 

 

 

 

 

S:先生はカウンセラーの育成にも熱心ですよね。

K:そうじゃ。フラクタル心理学は日常で使える心理学じゃ。だからこそ、使いこなせる人を育てたいんじゃ。価値観が多様な時代に、古い考え方だけでは疲弊してしまう。

モヤモヤしながら頑張るのは、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるようなもの。疲れ切って本来の力を出せない人がたくさんいる。こじらせる前に軌道修正できたら、それこそ社会貢献じゃ。

S:なるほど。ところで、カウンセラーに必要な力って何でしょう。

K:まずは、フラクタル心理学を正しく理解することじゃな。そうでなければ、フラクタル心理カウンセラーとは言えない。大学も最低4年は通うように、なんでも、自分の血肉にするには時間がかかる。

もちろん、カウンセリング力も大切じゃ。特に、質問力を鍛えていくといいぞ。

S:質問力ですか。

K:そうじゃ。適切な質問をすることで、悩んでいる人の脳を整理することができる。カウンセラーに誘導されて自分で答えを導き出せたらスッキリするものじゃ。

S:どんな質問がいいでしょう。

K:そうじゃな。
問題を解決したい場合は、問題を具体化した方がいいんじゃ。

S:具体化ですか。

K:そうじゃ。

「いろいろ問題があって、仕事に身が入らない」
「夫にいつもイライラしてしまう」
「自分に全然自信が持てない」
「あちこち身体の調子が悪い」

悩みは本人にとっては慢性化していることが多い。だから、カウンセリングでも具体的な出来事や状況を言わず、「いろいろ」とか「いつも」「全然」など漠然としていることが多いんじゃ。
だから、本人はどうしていいかわからない。

これではあいまいすぎて、具体的な対策(行動)が取れないんじゃ。本当に全部ダメなのかというと、実はそんなことはない。だから、小さなことでもいいから、出来事や条件を具体的に落とし込んでいく必要があるんじゃ。

「具体的には、最近どんなことでそう感じましたか?」
「どんな時に、一番そう感じますか?」

5W1Hというじゃろう。
いつ、どんなとき、どんな条件下なのかを特定していくんじゃ。

こうやって出来事を明確にしていくと、相談者の信じ込み(問題を起こす思考パターン)が見えてきたりもするんじゃよ。相談者独特のパターンがわかったら、そのパターンを変えることもできる。

S:なるほど〜。具体化か〜。これは普段でも使えそうです。

K:そうじゃ。問題があるなら具体化する。これをルールにしておくといいぞ。
だから、モヤモヤしている人には具体化する質問じゃ。

S:わかりました。
また、教えてください!