深層意識(潜在意識)にアクセスする方法

意識は2つある

「思考が現実化する」とよく言いますよね。

だから、望む現実をつくりたいなら、単純に思考すればいいはずです。
でも、望んでいるつもりでもなかなか現実化しないこともあるし、反対に望んでいない出来事も起こります。

これはどうしてでしょう。

実は「思考」という言葉は「考えている」という浅い意味ではなく、「全意識」のことなのです。
「全意識」は、よく氷山の絵で説明されます。

氷山は、海面上で見えている部分は全体のわずか5%程度、見えていない部分が95%以上あるといいます。「意識」も同様で、圧倒的に認識できない(海面下の)意識の方が大きいのです。

認識できる意識を表層意識(顕在意識)、認識できない意識を深層意識(潜在意識)といいます。

つまり、意識は2つあるということです。

そして、私たちの人生を決めるのは、圧倒的に量の多い深層意識です。
だから、思考した覚えのないことで世界はあふれているように見えるのです。

ということは、深層意識にアクセスして、必要な情報を得たり、伝えることができたら、少しずつ人生が変わるはずです。

それにしてもなぜ、私たちは深層意識を認識できないのでしょうか。

 

2つの意識はスピードが違う

さて、表層意識は、普段「自分」と思っている意識です。この世界では「言葉」が使われます。ですから、何かを認識し理解できたと言えるには、言葉にする時間が必要です。

反対に、深層意識は、言葉になる以前の高速エネルギー状態だと思ってください。

ところで、徒歩で歩いている人が、新幹線に乗っている人の表情を確認するのは至難の業です。
笑っているのか、泣いているのか、怒っているのか、無表情なのかよくわかりません。

つまり、表層意識(自分)が、深層意識をよく認識できないのは、2つの意識のスピードに圧倒的な差があるからなのです。

だから、深層意識にアクセスするためには、どうしても表層意識のスピードを速める必要があります。

その方法が、誘導瞑想なのです。

 

大切なのは目を閉じること

誘導瞑想とは、文字通り、カウンセラーの誘導にそってイメージ(瞑想)することです。
この時に大切なのは、目を閉じること。

目を閉じることで、表層意識が処理しなければならない大量の視覚情報が一気に遮断されます。
それは、社会的動物である自分(理性)の働きが弱くなるということであり、理性の制限を超えてイメージをとらえやすくなります。これが、表層意識のスピードが早くなるということです。

イメージが浮かびさえすれば、そこから思考パターンを抽出することができます。その思考パターンが不都合なものであれば、違うパターンに変えることも可能です。
どのようなことも、認識できることが、人生を変える最初のステップです。

誘導瞑想とは、目を閉じてするインタビューのようなものです。
決して、意識がなくなるとか特別なことではありません。

誘導瞑想は、深層意識にアクセスし、必要な情報を引き出したり、逆に深層意識に必要な情報を伝えたりするための優れた手法であり、その技術こそ、フラクタル心理カウンセリングの特徴の一つなのです。

 

未来をイメージするために過去を解放する

イメージできたものは、すでに型として脳の中にあります。映画を見て、ドキドキしたり手に汗を握るように、心に影響するという点では、それが事実(記憶)かどうかは本来関係ありません。

常にイメージが先で、現実が後です。

過去のネガティブな信じ込み(イメージ)を持ったまま、未来をイメージ(想像)しても、どうしても過去の影響を受けます。だからこそ、まず過去に光をあて、宝物を解放することで、未来のイメージが二倍も三倍も素晴らしいものとなるのです。

脳内で強くイメージできるなら、私たちは外側にやがてそれを見ます。

理性(表層意識)に伝えるだけでは不十分で、感情(深層意識)に伝えることで、人生が早く変わります。

人生で変えたいことがあるなら、理性と感情の対話が必要なとき。
その方法が誘導瞑想です。

 

フラクタル心理カウンセラーは、誘導瞑想の理論と実践のプロです。