賢者タウの心理学教室 一人っ子の人生の目的を読み取れ!

K=賢者タウ(フラクタル心理学研究家)

 

S=サトル(フラクタル心理学を勉強中)

 

 

 

 

 

第一子=ジェニファー

中間子=モニカ

末子=レイチェル

 

 

 

 

 

S: 兄弟順位から、これほど心理が読み取れるのですね。
ジェニファー、モニカ、レイチェル、
三者三様で、どの子も魅力的です。

K:もちろん、兄弟順位だけで、人を語ることはできないぞ。
一人の人間は、単一の特徴でできているわけではないからな。
そこは、間違わないようにしなさい。

じゃが、「結果は目的」じゃ。偶然などないのじゃ。
それなのに、多くの人は自分だけ損をしたと思いがちじゃ。
もっと自分のメリットを認め、
その能力を使わないともったいないのじゃ。
当たり前は認識できんからな。
無い物ねだりもいい加減にするのじゃ。

では、そろそろ、一人っ子の話をしようかのう。

S: 待ってました! 

K:おまえは、本当に欲深なヤツじゃ。
それをしっかり自覚しておるかのう?

S:な、何を言うんですか! 嫌だなあ。
それは誤解ですよ!

僕の周りの人はみんな、
「サトル君は本当におっとりしているわね。
もっと欲を出した方がいいわよ」って言いますよ。

マイペース! サトル

 

S=サトル(フラクタル心理学を勉強中)

 

 

 

 

 

K:ははは!
一人っ子は比較する相手がいないから、
自分がわからないのじゃ。
理由なく兄弟を持たないということはないぞ。
そのメリットを考えてみるんじゃな。

一人っ子は両親にとって唯一の子どもじゃ。
ということは多大な注目を浴び、
いつまでも大切に扱われる存在ということじゃよ。
これがどういうことかわかるかのう?
第一子のように下の子のめんどうをみるという義務がないのに、
後継ぎという地位と財産が得られ、
末子のようにいつまでも保護を受けるのじゃ。

しかも子どもの頃、兄弟に邪魔されたり、
我慢したりすることがないから葛藤がない。
そりゃあ、素直で、おっとりもするじゃろう。
生まれながらの王子様じゃからな。

そして、保護された中で
自分の好きなことに完全集中できるんじゃ!

S:確かに、ケーキの大きさで
本気で兄弟喧嘩をしている友達を見て、

なんだか不思議でした。

K:うふふ。それは実際に奪われる経験がなく、
全部自分のものと自然と思えるからじゃ。
「結果は目的」じゃ。
結果を見れば自分の深い思考がわかるのじゃ。
ケンカをする必要もないほど、
すべてのものは自分のためにあると思えるのじゃ。
おっとりとした雰囲気にもなろう。

S:う~ん。
でも、僕はずっと兄弟がいる子がうらやましかったんですよ。
子どもの頃、一人で遊んでいて寂しかったなあ…。
同時に、お母さんの干渉が煩わしかったし。

K:寂しさや親の干渉は独占と集中の裏側じゃ。
まあ、一人っ子は兄弟を持たなかったから、
あまり人の感情がわからないんじゃ。
そして、いつも大人のマネをしているから、
自分は周りの子より大人びていると勘違いしておる。

S:なんか、一人っ子っていいところないじゃないですか~。

K:とんでもない。
兄弟順位について、一度も、
良い悪いの話をしていないぞ。
人がいないからこそ、独占と集中ができる。
ワシは一人っ子が羨ましいんじゃ!
一人っ子は王子様なんじゃ!
当たり前に、自分は最高の物と愛を得られるという
信じ込みを持っているのだから、しっかり使え!

サトルよ、本気で欲しいものを得るように努力しなさい!

S:は、はい!
なんか最後は叱られてしまったような。

でも、よくわかりました!
僕はやっぱり一人っ子でよかった!

ジェニファー、モニカ、レイチェルとも、
これからもっと仲良くできそうです。

ありがとうございました!

 

S=サトル(フラクタル心理学を勉強中)