賢者タウの心理学教室 末子の人生の目的を読み取れ!

K=賢者タウ(フラクタル心理学研究家)

 

S=サトル(フラクタル心理学を勉強中)

 

 

 

 

 

第一子=ジェニファー

中間子=モニカ

末子=レイチェル

 

 

 

 

 

S: 先生、前回はジェニファーでしたが、
今回はモニカとレイチェルどちらですか?

K: 末子じゃ。

S: レイチェルですね! 実はボク、彼女と一番気が合うんですよ。
まあ、甘えん坊でわがままなんですが、憎めないヤツですよ。
遊び相手には最高。

K: ははは。おまえそのものじゃ。

S: やめてくださいよ! 僕は違いますよ!

甘えんぼ! レイチェル

末子=レイチェル

 

 

 

 

 

K: まあ、よい。
末子の特徴も位置を考えればわかるのじゃ。
末子は家庭のルールが出来上がった後にやってくる新参者じゃ。
親も子育てに余裕が出てきた。
そして、お兄さん、お姉さんという小ボスがすでにいる。
性格を形作る大切な時期に、末子の周りは賑やかだ。

S: ああ、そうですね。
いつも年上の誰かがいるから、
甘えん坊になるんでしょうか?

K: そうじゃな。
一番下の者は、家庭のアイドルとして育つのじゃ。
親は第一子にはいろいろ厳しく言っても、末子にはつい甘くなる。
だから末子は愛嬌をふりまくだけで、
大人たちが喜んでくれると学習する。
愛に関して楽観的にもなろう。
愛してもらうために義務や責任が必要だと思ってないから、
大らかでのびのびしたキャラクターになる。
その大らかさがまた愛される理由じゃ。

S: なるほど~。第一子とは大違いですね。
末子は第一子よりお得じゃないですか!

K: そうとも言えないぞ。
一見お得のように思えるが、得ているものは何じゃ?
ちやほやした言葉だけじゃ。
子どもが増えれば親も経済的に大変じゃ。
姉のお古を使った記憶のある末子はたくさんいるぞ。

そうなると、一人っ子のおまえにはわからない性格が形成される。
自己評価という面ではどうしても低くなるんじゃ。
甘やかされるといっても、
自分だけのために物をもらうことはない。
いつでも二番手じゃ。
ついでじゃな。
そして、自分の周りには年上しかいない。

ということは・・・、

S: だから、末子は要領がいいんですね! 
レイチェルはお姉さんがいるから、
失敗しないでスイスイやっています!

K:まあ、聞きなさい。
常に兄や姉が先を進んでいるということは、
確かに要領はよくなる。
反面、常に上がいるということは、
いつも負けている気がするのじゃ。
それは、依存心が抜けないということでもある。
家庭ではそれもよいが、
責任のある立場になると苦労することもある。

S: へー? なんだか、兄弟がいると大変ですね~。
あちら立てれば、こちら立たずじゃないですか。
じゃあ、末子の人生の初期の目的は何なのでしょう。

K: 末子は、愛(保護)に関しては非常に楽観的じゃ。
何もしなくてもちやほやされるからのう。
その信じ込みは素直さとなるから、
愛(保護)は意識せず手に入る。

そして、プライドがないので、真似るの上手じゃ。
わがままと言っても、人がいればこそのわがままだから、
自然と協調精神を発揮する。
愛(保護)と知恵を得る訓練を小さい頃からしているんじゃ。
また、一番下からトップを目指すというストーリーが大好きじゃから、
飽くなき向上心で成功する人も多いんじゃ。

S:レイチェルが負けず嫌いなのは、
自分が負けていると思っているからなんですね!
末子は人の気持ちに敏感だと思いますが、
それも位置によるのでしょうか。

K: そうじゃな。
末子は保護が人生の初期の目的じゃから、
自然と周りの人の気持ちに敏感になるのじゃ。
共感する能力が高いのは、
自分を弱者(一番下)と思っているからじゃ。
だから、同情心も高くなるのじゃ。

S:う~ん。生まれた位置によってこれほど違うとは!
続きを教えてください!

末子=レイチェル