言葉の力: 大恩は報せず

「大恩は報せず」という言葉があります。

だいおんはほうせず【大恩は報せず】
大辞林第三版によると、

「小さな恩義は負い目に感ずるが、
あまりに大きな恩義はかえって気づかずに過ごされてしまう」
とあります。

この言葉を知ったとき、
「ああ、本当にそうだなあ」と胸に染みました。

誰かから、思いがけずプレゼントをもらったとき、
誰かから、困っているとき声をかけてもらったとき、
恩義を感じて、なんとか報いたいと思います。

旅行へ行ったときお土産を買ってみたり、
お返しができる機会を心に留めるものです。

でも、

本当に感謝するべきことには、
気づかないことが多いのです。

その際たるものが、親に受けた恩。

子どものころから、
当たり前にしてもらった、たくさんのこと。

若いころは気づきもしません。

むしろ、足りないと文句を言ったりします。

そのくせ、自分が母の日や父の日にやったことは、
いつまでも覚えているのです。

当たり前は認識できないので、ありがたくない。
ですが、実際はどれほのことをしてもらったでしょう。

やがて社会に出ると、
当たり前なんてなかったのだと実感するのです。

 

「大恩は報せず」
あまりに大きな恩には気づかない。

久しぶりにそんなことを気づかせてくれた言葉でした。

 

明日は成人の日。
大人になるって、いいですよ!