滅びの国の姫君(本当はサル)

フラクタル心理学・カウンセリング

以下は、人が普通にたどる心のプロセスですが、このプロセスは、この仮想現実の世界では、時間軸上では歴史として投影されると同時に、空間軸上では世界の国々の状況として投影されています。

ステージ1 爬虫類脳

ステージ2 ボスザル脳

ステージ3 平民ザル脳前期(チンピラザル脳)

ステージ4 平民ザル脳後期(奉仕ザル脳)

ステージ5 人間脳

理想は、すべての段階の脳を持ち、進化した脳がそれらを支配して、それらを必要に応じて使えるようになることです。

なにかに苦しんでいる場合、それはだいたい深層意識の中にまだ大量にいる、ひとつ前の段階の小自分(自分の意識のカケラ)が悪さをしているのです。

一色真宇著『こころの進化の6つの段階』 第16章 心の進化の5つの段階

昔、前世がわかるという人に、

「あなたは中国の姫君だったころ、自分の国を救うために政略結婚したのに、結局滅ぼされてしまった。それで失意のうちに死んだ」

と言われたことがありました。

「ああ、だから今生でこんなに罪悪感が強いのね」とそのときは思ったものです。

ですが、どれほどセラピーをしても、どれほど許されても、もちろんすっきりするわけはありません。

本人はまじめに苦しんで、もがいていているつもりです。

そこに、未熟な定義のままの「絶対、生まれてきた目的(使命)を果たす。それ以外はしない!」が、追い打ちをかけます。

自ら、ステージ5へと進むチャンスをつぶし、ステージ3と4の間を長いこといったりきたりしていました(サルのまま解決策を探す)。

あの頃は、「無条件の愛(許し)」が人間の最終段階と思い込んでいたのです。

しかし、もちろん間違いなので、すっきりしない毎日です。

それでも、

私にはそこを突破するという強い願いだけはありました。

とうとう、悪魔の声が頭に響いたのです。

いい加減に美化をやめなさい!(by 神の声)

周りの人から当たり前に盗んで(依存して)、何もしない自分を許そうとするから苦しいんだ! 犠牲になっているフリをしているから、いつまでも恨み手放せないんだ 美味しいところだけしようとするから、不自由なんだ!

いい加減に美化の仮面をはずせ〜〜〜!

はい。(ToT)

私は最後に負けを認めました。

サル脳は勝ち負けの世界に住んでいます。

だから、負けを認めるのはすごく悔しいのです。

まさに、罪悪感こそ、成長(変化)を促す起爆剤です。

思考が現実化します。だから、心の成長以外に世界を変えることは不可能だったのです。

あれこれと言い訳はいりません。

謝罪して、心を修正して、前に進むだけ。

滅ぼされる国も滅ぼす国も両方とも私の王国でした。

私たちは、このような成長プロセスを、歴史や世界の状況に投影して見ています。

こころの進化の6つの段階