結婚の原型

写真は両親の若かりしころ。

先日、実家で見つけました。亡くなった母がもっていたものです。

おもわず涙、出ましたね。

めちゃくちゃ幸せな子どもが映っているじゃないですか。

あ、母に抱かれているのは友達で、私は左端です。

どう見ても、子ザルですね(^_^;)。

子どものころ、もっと色々わかっている気がしていましたが、
何もわかっていない顔してます。スミマセン。

 

昭和初期に生まれた男女は、役割分担が今より明確でした。

男は一家を支えるため仕事中心、女は家庭や子育て中心。

小さいころ、父は忙しく、まるで、母子家庭のようでした。

子ザルはいろいろと勘違いしていましたよ。

 

現代では、共働きは当たり前です。

働き方や役割分担のトレンドは時代とともに変わりますが、夫婦の在り方は変わりません。

父と母は、互いを認め合うパートナーで、運命共同体だったのです。

現代の女性は、自己実現に夢中ですが、共に生きるパートナーの有り難さを忘れがちです。

 

時代が大きく動いています。

あなたが遠回りしないように、愛と結婚に必要なものをすべてお伝えします!

残席1となりました。お急ぎくださいね!

 

Zoom講座<残席1!>【愛と結婚の心理学】パートナーシップレッスン

ありがとうございました! 満席となりました。