結婚の本質

結婚の本質をご存知ですか?

 

ズバリ、

共存共栄です。

 

「好きだから!」

「やさしいから!」

「誠実だから!」

「条件がいいから!」

これだけで結婚してしまうと、

あとあと困ることになります。

 

共・存・共・栄! とは、

「2つ以上のものが、争うことなく、
ともに生き、ともに栄えること」
という意味。

 

だからこそ、困難なときはお互い助け合い、
相手の喜びが自分の喜びになるのです。

 

どちらかが一方的に犠牲になったり、
我慢するだけでは関係は続きません。

 

共存共栄で大切なのは、
同じ目的(未来)を思い描けるかどうかです。

これ本当に重要です。

完璧な相手はいません。

いるのは、同じ未来を生きたい人かどうかだけ。

これがはっきりしていれば、相手から奪うのではなく、
自分がどれだけ成長し貢献できるかという姿勢を
自然と持てるのです。

時間をかけて、お互いが尊い存在になれます。

 

パートナーに勝ちたい(言うことを聞いて欲しい)という思いが、
結婚を台無しにしてしまいます。

平等という契約書を家庭内に入れた途端、
人生から伸びやかさやユーモア、味わいが失われてしまうのです。

 

男と女は違います。
本来、比較など必要ありません。

実際、女性にしかできないこと、男性が得意なことがあります。

 

もちろん、日常では二人で得意分野を分担していけばいいわけです。

家電製品、働き方改革、AI。社会もどんどん進化しています。

働き方も何もかも自由に選べる時代なのだから、
ライフスタイルは、2人で決めればいいこと。

精一杯貢献できたとき、
人は本物の達成感を感じます。

ワンチームなら、損得なんて関係ありません。

ワンチームなら、嬉しいしチャレンジできる。

人生の前半で、あなたがやったほうがいいことは明確です。

 

それでも、長い結婚生活では、
なんだか自分ばかり我慢していると感じることもあるでしょう。


相手を許せないと感じることもあるかもしれません。

 

大丈夫。

パートナーシップの不満は、フラクタル心理学で割と簡単に解決できますから!

いい時代になったものです。