やっぱり、「愛だろ、愛っ。」

「愛だろ、愛っ。」は、1993年一斉を風靡した、
サントリー「ザ・カクテルバー」のCMキャッチコピー。

若き日の永瀬正敏さんが、
ハンサムなのにちょっとカッコ悪い若者役を好演していました。

ザ・カクテルバーを飲んだことがなくても、
「愛だろ、愛っ。」は耳に残っている方も多いでしょう。

デートでカクテルに酔ったふりをしていた人、いるはずです。

 

 

さて、2020年も半分過ぎました。
この半年は、ちょっと例年にない雰囲気でしたね。

ステイホーム。
世界が一気に狭くなって、濃縮されたような日々。

今まで、過去の分析や未来の計画で忙しく、
どれだけ意識が分散していたことでしょう。

いったん、強制的に止められて、
考える時間をもった人も多いと思います。

しみじみ、直接五感で体験できる世界の小ささと、
だからこそ、「今、ここ」がいかに大切か実感されたはずです。

 

愛とは平凡なもの。

 

ステイホーム期間中、すぐに会えたのは、
夫や子どもなど身近な存在だったはずです。

家族だけはどんなときも当り前にいてくれる。

これはとても心強いことです。
特に、パートナーの存在感が増したはず。

そんなパートナーへ感謝や尊敬が足りないと、
気づいてしまった人もいたかもしれません。

本当にこの人でいいのか!?

本当に?

 

これから誰と生きていくのか、
何をして生きていきたいのか、
これって、かなり重要なテーマ。

直接五感はごまかせません。

 

「亭主元気で留守がいい」これもCMの言葉です。

でもね、もう、冗談半分で
そんなこと言っている余裕はないわけで。

年齢は関係ないんですよね。

 

つまり、結局、

世界は本気で「愛だろ、愛っ。」なんです。

 

おすすめ記事

愛と自由は矛盾しない(これ、ほんと)

なぜ、愛は難しいのだろう

在宅勤務の裏の顔 「コロナ離婚」が脳裏をよぎります