安定したメンタル(感情)を手に入れる〜その理由と方法〜

そもそも、なぜ安定したメンタルが大切かというと、
興奮しているとき、人は正しい判断を下せないからです。

 

恨み、悲しみ、怒り、イライラ、
そういったネガティブな感情は知性を破壊します。

つまり、バカになってしまうんです。

そんな状態で重要な選択をしたらどうなるでしょう。
後できっと後悔するでしょうね。

じゃあ、歓喜や感動ならいいかというと、
恨みよりは多少マシであっても、エネルギーの消耗は同じです。

興奮したあとで、気分が落ち込んだ経験、ありませんか?
なんでもそうですが、極端に上がったら下がるし、下がったら上がるんです。

精神の消耗は同じです。

 

昔の私がまさにそうでした。

人の気持ちがわかる(共感力高い)ことを良いことだと思っていたので、
私はいつも疲れていたのです。

その時は理由がわからなかったけれど、
私の気持ちをわからない人への怒りがあったのです。

いつしか、何もないのに気分が落ち込むようになっていました。

本当に迷惑な話ですね。

感情が安定していない人は、
24時間波乗りをしているサーファーや、酔っぱらいみたいなもの。

大地にしっかり根付くことができないので、
さらに不安定になります。

 

誰でも、使えるエネルギーは限られているのです。

ということは、仕事のできる人(お金持ち)になりたいなら、
共感力(感情)はあまり必要ないということになります。

もしくは、戦略的に使う必要があったのです。

 

では、感情的な人は、
どうしたら安定したメンタルを手に入れられるのでしょう。

 

次の3つをしっかり意識することで抜けられます。

 

○感情に価値を置きすぎない
○お金と健康面を最優先事項として扱う
○他人と過去をコントロールする

 

一つずつ見ていきましょう。

まず、前提として、
感情を味わうことが人生の目的(価値)だと思うことをやめること。

実は、この信じ込みは根強いのです。

私達は人の感情に興味津々です。

「あの人は大丈夫かしら?」
「どうして怒っているのかしら?」
「今頃、どうしているかしら?」

有名人の不倫から、職場のパワーバランスまで、
他人への興味もほどほどにしないと、
自分のことがお留守になってしまうのです。

これって、
あなたの貴重な時間を無駄遣いしているのです。

 

次に、お金(を生みだすスキル)と健康面をもっと自律的に増やしていくこと。

この2つは、動物的な生存の恐怖と結びついていますから、
最低限、自分で充足できる自信がなければ、感情は安定できません。

実は、最優先で取り組むべき課題なんです。

 

最後に、他人と過去はコントロールできると知ること。

ストレスや苦しみの最大の原因は人間関係の問題です。

これまで、他人も過去もコントロールできないと思われてきたので、
メンタルを安定させたいとき、
戦ってコテンパンにやっつけるというハードな人は別として、

○忘れる(無視する、許す)
○引きこもる(本心を見せない)
○結婚しない(親密な関係を持たない)

といった消極的方法しかありませんでした。

感情を閉じ込める(感じない)のは一見正解のようでいて、
戦う人と同様、世界を狭める不自由な選択です。

感情を抑え込むにもエネルギーが必要だからです。

 

解決策は、

まず「360度自分」というマインドセットを持つこと。

この世界は、自分の意識の完全投影と捉えていくことで、
全く新しい世界を作り出していくのです。

 

感情は、無視したり、どっぶりはまるためのものではありません。

だから、

感情を閉じ込めるのではなく、積極的に他人と過去に関わるのです。

 

ええ!? ハードル高すぎです!

 

どうぞ、安心してください!

 

直接、他人をどうこうするわけではありません。
問題解決に本来他人は必要ないのです。

360度に見えるものを、自分の深層意識に変換する。
その深層意識を変えていくのです!

 

コントロール可能領域が増えることは、
身体の可動領域が増えること。

だから、「360度自分」を少しずつ実践していくことで、
正しい決断と行動ができるようになります。

 

理性を増やさないかぎり、成長は頭打ち。

安定したメンタル(感情)は、人生の土台です。

 

 

フラクタル心理カウンセラー 白石美帆先生が出版されます!
どうして過去と他人が変えられるかよくわかります。