壁を感じるときの、小さなアドバイス

2020年もまだ半ば、

だけど、

2020年っていろいろな意味で記憶に残る

すごい一年になりそうな予感がします。

前半は新型コロナ。

そこから派生する変化。

 

これまで頑張ってきた人も、

壁を感じることが増えるかもしれません。

 

人生に壁を感じるとき。

だけど、未来を予測するのが困難なとき。

本当に気持ちわるいですよね。

私も何度も壁を感じたときがあります。

 

もしあなたが次に、

壁だなあと感じたなら、

ぜひ、思い出してください。

 

壁=ターニングポイント

です。

これを忘れないでください。

 

だから、壁を感じるときは、

「◯◯がないからだ」「◯◯のせいだ」

など、理由を外に探す必要はありません。

 

シンプルに「自分が変わるとき」の合図として

「壁を感じる」のだと思ってください。

つまり、小さな箱から出るときです。

 

だけど、自分を変えるのが一番難しい。

そもそも、何をどう変えたらいいのかわからない。

自分のことは、いざとなると一番わからない。

その通り。

でも、最初からあきらめてはいけません。

 

本当はうすうすわかっていますよね?

でも、新しい選択は怖いし、面倒。

これまでの関係やこれまでしてきたこと、

それを失うのが怖いのですよね?

 

そんなとき、人のアドバイスを聞くのも一つの手ですが、

いつもいつもは無理です。

なので、一人でできるシンプルな方法をお教えします。

 

それは、

視点をずらす

です。

 

壁と一体化している自分の視点をずらすのです。

壁から離れてください。

 

一番簡単な方法は、

親友に頼ること。

親友(=一番あなたのことを親身に思ってくれる人)に

聞くと、あなたのことを一番的確に教えてくれます。

 

なんだ、結局、他人に頼るの?

いえ、自分の心の中に友人を持つのです。

親友だったら、今の私になんて言いたくなる?

そうやって、自分を対象化してみるのです。

その視点で、本気で大切な親友に言いたいことを

書き出してみてください。

良いことも、悪いことも。

この方法は、簡単なようで、パワフルです。

 

それから、あこがれの人やメンターがいるなら、

あの人だったら、こんなときどうしたか、

あこがれの人になりきって考えてみるのです。

(#あこがれの人は未来の自分)

 

ポイントは、

壁だけを見つめている自分の中に

多角的な視点を養うこと。

 

何かを変えなくてはいけないとき、

古い自分のまま、一生懸命考えても、堂々巡り。

 

2021年の私から、

今の私を見ている視点も忘れずに。

(#近未来の私が見てる)