本・エンタメ

本・エンタメ

フェイクニュースとトゥルーマン・ショー

久しぶりに1998年のアメリカ映画『トゥルーマン・ショー』を観ました。 この映画は、自分の人生そのものが、テレビで仕組まれた壮大なリアリティーショーと知らずに生きている男(トゥルーマン)の物語です。 彼の家族も友人も、誰も彼も...
おすすめ記事

【まとめ】魂を鼓舞する妙薬 〜妄想エンタメ集〜

失われた何かを求めて、 物語を語る人。舞台に立つ人。歌う人。 エンタメは、傷ついた羽を癒やし、魂を鼓舞する妙薬。 黒須圭子の妄想エンタメ、集めました。 物語の扉を開いたらもう戻れませんが、いいですか? 私の...
本・エンタメ

大人の女性の栄光と挫折

「嫌だわ。この頃シワが増えたみたい。どうしよう…」 「別にいいじゃない。もう、年なんだから。今さら誰も見ないって」 母の表情が一瞬曇った。 それでも、気を取り直して美容液をペタペタ塗る。 その後ろ姿が今でも忘れられない。...
本・エンタメ

息子に最高の人生をプレゼントした男

はじめまして。僕は、鈴木治といいます。 父のことを知っている人が読んでくれるかわかりません。 でもたった一人でも、父のことを覚えている人がいるかもしれない。そう思ったので、書いてみようと思います。自己満足とお許しください。 ...
本・エンタメ

あのとき、僕たちは革命の武器を手にしていたのかもしれない

僕は田中幸一。 58歳のしがないサラリーマンです。定年まであと2年。もちろん、60歳で余生を楽しむという時代ではないので、65くらいまでは働きたいと思っています。 まあ、僕のことはいいとして、ちょっと聞いてください。 僕が青春...
本・エンタメ

【現実化の仕組み】彼女の熱狂がうらやましくなった

一つのことを極めた人は、同じような理解に至る。 極めることは、何でもいい。 仕事でも、スポーツでも、芸術でも、子育てでも、旅でも、読書でも、文章でも。 仕事や遊びの区別なく、ある一定期間そのことに全人生をかけた人の言葉は深い。...
本・エンタメ

楽園を追放された女

あなた、ヌーディストビーチへ行ったことある? あら、変な想像しないでね。 ネットでヌーディストビーチって検索すると、 ポルノまがいのサイトが出てくるけれど、 本来は、そんなものじゃないの。 私がヌーディストビーチへ行ったの...
本・エンタメ

『深夜特急』に学ぶ、人生とは「旅」ということ

あなたは『深夜特急』をご存知だろうか。 沢木耕太郎氏の自伝的紀行小説だ。 80年代、90年代のバックパッカーのバイブル的な小説であり、 沢木耕太郎氏は彼らの教祖的な存在だった。 大学生の頃、私も、ワクワクしながら読んだものだ...
本・エンタメ

大福からの贈り物(ちょっと疲れてしまったあなたへ)

あるところに、ストロベリーのショートケーキさんがいました。 彼女は日本の大学を出た後、アメリカの大学院で勉強をした才媛でした。 都会的でセンス抜群。日本に戻ってからは、外資系の企業にいくつか勤めました。 転職の度にキャリアアップし...