「できるとしたら?」は魔法の言葉!

新しいことや苦手なことをしなくちゃいけないとき、瞬間的に「できない」「わからない」「どうせやってもムダ」と思ってしまいませんか?

これって人生のNGワード。

たかが言葉とあなどってはいけません。

その言葉を最も近くで聞いているのは自分なので、「できない」と言う度に、「できない人生」が展開していきます。

「できない」自分の方が愛されるような(かまってもらえるような)錯覚もあります。


言葉は制限をかけることもできるし、可能性を開くこともできる道具です。

成功する人は、「私は絶対できる!」と強く信じた人。

「とは言ってもねえ…」
ええ、わかりますとも。

いきなり断言できないこともあるじゃないですか。

だからこれからは、「できるとしたら?」「わかるとしたら?」と考えるクセをつけませんか。

ちょっとハードル、下がりますよね。

「できるとしたら?」と質問されると、脳は質問に答えようとフル活動し始めます。

スーパーコンピューターには、質問形式で入れること。

答えはすでにあるのです。

「できるとしたら?」「わかるとしたら?」は魔法の言葉!

覚えておいてくださいね。