後悔なんかいらないから!(人生を変える言葉 番外編)

どんな問題も、スタートは「傲慢・怠慢・無知」から始まるとフラクタル心理学ではお教えしています。

これは、子どもが古い脳メインで物事を判断するところから来ています。

現在の問題の種は、子どものこころが作ります。

古い脳の判断が、長い時間をかけて現実化した果実の段階を味わうのです。

人や状況が変わっても、同じようなことが起きることがあります。

パターンが変わっていない証拠です。

 

古い脳のネガティブ面は、「傲慢・怠慢・無知」。

もちろん、訓練されたカウンセラーは、より微細な心理を読み解くことができますが、少なくとも、問題のスタートは、この3つのいずれか(もしくは混合)で起こります。

子どもは子どものメリットしか選ばないからです。

 

 

ただ、この理解は、一元論(全意識が現実化する)に立脚することで、初めて実際の効果を発揮します。

現在の問題の原因を、他人ではなく、自分の子ども時代の勘違いの中に積極的に見つける。すると、自律的に出来事に影響を与えられるようになります。

フラクタル心理カウンセリングの主眼はここにあるのです。

 

 

ところで、問題となってしまった後では、その体験はただの失敗だったのでしょうか。

そんなことありませんよね。

どのような状態であっても、その状態は悪い(失敗)だけということは決してありません。

病気や失業、離婚であっても、必ず、困難を体験した後では、人になにかを教えてくれます。

それは、思いやり、感謝の心、自立心、行動力、判断力、視野の広がり、リーダーシップ、人生への意欲、希望、特別な技術だったりするのです。

経験は、人生に深い知恵を与えてくれます。

その状態がなければ、身につけることができなかった貴重な宝物です。

 

ただ、ここでも、注意が必要です。

体験の後で得た宝物も、スタートは「傲慢・怠慢・無知」と知らなければ、身につけた素晴らしい能力や気付きは、ただの美化で終わってしまうのです。

被害者意識を持ったまま(つまり、現象がなぜ起こるのかわからないまま)、「その困難があったから、今の私になれた」と言っている限り、パターンが変わらないので問題は繰り返すことになります。

これでは、せっかく得られた素晴らしい能力を世界のために使えません。

だから、どうしても、問題を起こす思考パターンを変える必要があるのです。パターンを変えるために、さんざん人のせいをしてきた自分を修正します。

 

その理解の上で人生を振り返ったとき、

 

「ああ、本当に後悔なんて必要なかった。今までのその癖や考え方は、別のメリットを生んできたから良いことだった。おかげで、◯◯が身についた。◯◯という自分にもなれた。視野が広がった。だからこそ、これからは、別のものを得るために、その癖や考え方を変えて、新しい未来を創造しよう!」
※◯◯にあなたが得た素晴らしい能力や気付きを入れて10回読んでみましょう!

人生に後悔なんか必要ありません。

失敗もありません。

欠点探しなんてしている場合ではありません。

そう言えるのは、加害者はどこにもいない、運命もないからです。

 

他人のせい、運命があるは、古い脳が生産した嘘。

古い脳は、ドラマが大好き。

悪者をつくって、頑張る自分が大好きなんです。

それしかやり方がわからなかったのです。

 

さあ、新しい脳はどうでしょう。

そろそろ、昭和のやり方を、やめてもいいころでしょう。

新しい脳の目覚めが待ったなしで始まっています。

とにかく、パターンを変えるときです。

宇宙を抱きしめましょう。